【薄毛・抜け毛対策】サプリメントのコエンザイムQ10は育毛に効くのか効かないのか!?

30代後半に心臓病(僧帽弁閉鎖不全症)にかかって
手術をしたことは以前のブログでお伝えしました。

>薄毛・抜け毛対策の基本はたった3つ!心臓病入院体験から得たもの!?

現在は完治して日々元気に過ごしております。
----------------------------

手術した当時立ち仕事をしていた私は、
心臓に負担が掛るかもしれないと事務職に転職したりして
生活(環境)改善を真剣に考えていた時期でした。

立ち仕事から解放され、イスに座っての仕事は初めは楽に感じたものの
その後、腰、肩、首、そして毎日PC画面とのにらめっこで目も疲れ...、
40代に突入してからは、体力も落ちてきてだんだん疲れやすくなってきたなぁと実感

健康維持のために当時流行りだしたサプリメントを試してみたのです。

飲み始めたのは、コエンザイムQ10です。
どうやら心臓にいいらしい...。心機能の低下を防ぐらしい、と聞いたからです。


なんだ、育毛サプリじゃないのか!?
と、思ったかもしれませんが.....、

その時は、
まさか、薄毛・抜け毛予防に効果があるなんて夢にも思わず…、

サプリって、正直、“気休め”程度のもの、
っていうのが一般的な感覚だと思います。

お医者さんはキチンとした食事を取っていれば、身体に必要なすべての栄養素は
摂取する事が出来ると言います。

なるほど…、そうかもしれません。

きっと、そうなんでしょう!

しかし、栄養士でも身近にいない限り
意識していたとしても、日常生活でバランスのよい食事(栄養)を取るのって
意外と難しいですよね
(入院時の食事のようにはいかないのです)

ちゃんと野菜を食べていますか?

昨日取った野菜を思い出してみてください。

・・・
・・・・、

それで、1日に摂取しなければならない量をちゃんと取れましたか?

バランスの良い食事を意識し始めると、
毎度毎度同じようなメニューになってきませんか?

1日2食になったりしませんか?
つい、ファストフードに手を出してしまいませんか?



正しい食事とは、
栄養バランスが取れていて、
朝・昼・晩と3食キチンと取ることが大事と言われます。

しかし、必要な量をそもそも知っていますか?

ただおなかを膨らませる、空腹を満足させる
それだけではダメなんですね。

いや、まだ20代、30代ならへっちゃらかもしれません。
どうにかなるかもしれません。

私も30代前半まではどうにかなっていましたから....、
あっ、いやもしかしたら、
食生活の乱れが心臓に負担をかけていたのかもしれません...!?

分かりませんが、
しかし、30代後半から40代となり、そして50を過ぎると....、
いろんなところが衰えてくるのです。
そして、自覚するのです。
老化と向き合うとはそういうことです。

サプリとは、心の隙間と栄養の隙間を埋めてくれるもの



そんな状況で
ちょっとした不安を解消してくれたのが、

心の隙間と栄養の隙間を埋めてくれたのが、
サプリメントでした。

どちらかと言うと、
心の隙間”の方が大きかったかもしれません。

サプリって、正直、初めは“気休め”程度だったのですから。

でも、いいんです!

いや逆に、“気休め”でなければいけません

なぜなら、“気休め”ではなく、“本気”になったら

本来の、栄養を食事で摂る努力を怠り、サプリをたくさん摂取すればいいだろと、
サプリ依存の体質になってしまうからです。

本末転倒ってやつです。

サプリで身体に必要な栄養素をすべて取ろうなんて馬鹿げています。

隙間を埋めるためのものと割り切りが必要なんです。

もちろん、単なる気休めといっても、タダじゃないですから。

なにかしらの効果を期待して飲み始めたのは言うまでもありません。

そして....、

その効果は意外なほど、早くあらわれてきました。

飲み始めてから10日~2週間くらいたったころから

なんとなく普段感じていただるさや疲れやすさがなくなってきたというか、

軽くなってきたというか

一言で言うと、

“調子がいい”という感じ、感覚になってきたのです。

これは、単に生活改善の効果なのか、

生活改善=3食の食事に、軽い運動、睡眠はほぼ6時間~7時間で徹夜なし。

それとも、心と栄養の隙間を埋めてくれたコエンザイムQ10のおかげなのか!?

どっち!?

私の中では答えは出ていました。

これは、多分!?、きっと!!、コエンザイムQ10のおかけだと。

なぜなら、生活改善は、退院後から徐々に始めていてサプリを飲み始める1年以上前から習慣としていたのですから。

1年後にようやく、実感できる効果(生活改善の)が現れてきたという可能性もありますが...、

やはり、隙間を埋めてくれた、文字通り“隙間にはまったサプリ"の
おかげ
という感覚の方が強かったのです。

これを私は“隙間サプリ”と呼びたいくらいです。

そして、飲み始めて半年、ここで思わぬ誤算が!

いや、これはうれしい誤算というやつですけど・・。

あれっ、なんか、増えてる!?
・・、っていうか、濃くなってる?( `ー´)ノ
これは、歓喜の誤算です!

シャンプーを見直した時は、頭皮の改善(かゆみやフケ、発疹を改善してくれる)
有効ですが、さすがに髪が濃くなってきた、増えてきたという実感まではないです。

それが、40代後半にして妻に言われた言葉
“なんか、増えたね”って。

これは、素直に嬉しかったことです。

さて、【コエンザイムQ10】ですが、

そもそも私たちの身体のどんな隙間を埋めてくれるのでしょうか?
コエンザイムQ10は、人間のほとんどすべての細胞の中にあるミトコンドリアに存在し、
生命活動に必要なエネルギーの大部分をつくり出している補酵素であります。
生命活動の原動力を生み出す他、強い抗酸化作用を持つため、健康の維持に役立つと言われています。
コエンザイムQ10が欠乏すると、エネルギーの生産力が低下し、
疲れやすくなったり、肌の老化現象や免疫力の低下、肩こりや冷え性などの原因となります。
コエンザイムQ10は加齢や食生活によって減少してしまいます。
そして20歳代をピークに40歳以降は急激に減少していきます。
コエンザイムQ10はエネルギーを作り出す重要な役割があり、
それと今話題の活性酸素を除去する働きがあるので積極的に摂取したい成分だということです。
コエンザイムQ10に関してざっくりとご説明しましたが、興味がわいてきたら
いろんなWEBサイトがありますので覗いてみてください。

これら効能の信頼性、信ぴょう性についてはまだまだ議論の余地があるみたいですが、
疑わしきはやらない!のか、
迷っているならお試しする!のか、それは個人の自由です。
ただ、気になるなら、一度試してみるのもアリかな!と、私は思います。
私も軽い気持ちで試してみて(心の隙間を埋めてくれるには十分でしたし....(^_^;)、

おススメのコエンザイムQ10は!?

そして、どうせ摂取するのなら
シャンプーと違って大きく成分が変わるというものではないので
一般的な人気のあるもので良いかと思います。

ただし、注意点が2つあります!

■【還元型】であること。(酸化型は効率が悪い)

■ 容量は100mg以上配合であること。

以下紹介するものは、人気のあるものなのでおススメです!


カネカ・ユアヘルスケア通販 還元型CoQ10


還元型コエンザイムQ10+ローヤルゼリー


「天然の防御物質」プロポリス × 「若さ成分」コエンザイムQ10



当時私が愛用していたサプリはコエンザイムQ10単独(カネカとか)のものでしたが、
今ではそこにさらにプラスアルファの栄養をぶち込み、
より身体の栄養の隙間を埋めてくれるものに進化しています。

もちろん、速効性はありません
コマーシャルを見ていると、いかにも明日から元気になるような気がしますが
そんな速効性はありません。

断言します!

『薬』ではないのですから。
薬なら即、効くことが求められますが、当然効き目が強い分
副作用も心配しなくてはなりません。
だから、お医者さんに処方してもらうのですね。

何度も言いますが、サプリは隙間を埋めるものです。
人によっては私のように2週間くらいで実感できたという方もいるかと思いますが
それは、体質や遺伝などの各個人の個体差によるものかもしれませんし、
ある程度プラセボ(プラシーボ)効果が作用しているかもしれませんね。

プラセボ効果(プラシーボ効果)とは、偽薬効果とも呼ばれており、
本来は薬効として効く成分のない薬(偽薬)を投与したにもかかわらず、
病気が快方に向かったり治癒することを意味する。

プラセボ効果は絶大なる威力を発揮する。
ある研究では、偽物の鎮痛剤を処方された患者は、
それが偽薬と明かされた後でも引き続き鎮痛効果を得ていたそうだ。
治療には効果があると十分な時間をかけて患者に信じ込ませることが条件なのだ。
人は思い込みの力で自然治癒力をアップさせてしまうようだ。



-----------------

しかし、間違いないのは、依存しないこと。サプリに頼りすぎないこと。
だと思います。
最後に、

育毛効果について

サプリだけで髪が生えてくると思ったら大間違いです。

いや、それだけで生えてきた・甦ったという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、私はいろんなことを同時に実践してきたため、
これだけが、薄毛対策に有効だとは言い難い。

多分、一つ一つの積み重ねがその効果を最大限引き出してくれると信じています。
※この信じるという思い込みも大事なんですね(^_^;)

土台となるのは、3つの基本です。

 >薄毛・抜け毛対策の基本はたった3つ!心臓病入院体験から得たもの!?

そこを改善しながら、
同時に、シャンプーの見極め外側から改善

> 薄毛・抜け毛・頭皮の乾燥対策シャンプー/ 悩んでいるならこれ!ランキングなんて関係なし

さらに、内側からのアプローチとしてサプリメント
もちろん、育毛剤を使った改善!
さらに.....、
育毛 ⇒ 3つの基本からの流れ
1:3つの基本の改善(誰もが今すぐ)
2:シャンプー(20代後半以降)
3:育毛剤(30代以降)
4:サプリメント(40代以降)
5:AGAクリニック(20代後半以降)
6:育毛サロン
1+2+3、もしくは、1+2+4
費用があるなら、1+2+3+4
費用があり、なおかつやっているという実感が欲しいなら1+2+3+4+5
もしくは1+2+3+4+6
危機的状況なら
全部乗せなどなど組み合わせは自由です。

当然コストも積み上がっていきますので
最高のコストパフォーマンスを目指すなら
1+2だけでまずは頑張ってみましょう。

30代後半に突入したら1+2+3、もしくは1+2+4といったところでしょうか。

とにかく、最低限の土台は「1」であることをお忘れずに!

そして、ぜひ、自分に合った対策を打って頂きたいと思います。
自分に合っているかどうかの目安は約3ヶ月です。

育毛は、1日にしてならず!

じっくり頑張っていきましょう!


以上

おすすめの記事