『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 感想&なんへん速報!(ネタバレなし)

SnapCrab_NoName_2015-12-21_32o-00

観てきました!

J・J・エイブラムス’STAR WARS

10年ぶりの新作は、30年以上ぶりに監督が代わったスター・ウォーズです!
※『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年公開)リチャード・マーカンド監督以降の新3部作はすべてスター・ウォーズの生みの親であるジョージ・ルーカスが監督を務めています。

新監督は、ハリウッドきってのヒットメーカー:ジェフリー・ジェイコブ・ エイブラムス
大ヒット作「アルマゲドン」(98)の脚本を手掛けて以降、テレビ界に進出。有名な「LOST」(04~10)などのヒット作を送り出し、そして「ミッション:インポッシブル3」(06)の監督に抜てきされてからの活躍は目覚ましいものがあります。しかも、SF映画としてはライバルでもある「スター・トレック」シリーズでも製作・監督を務めて大ヒット。
とうとう、SF冒険映画の頂点に君臨する「スター・ウォーズ」シリーズ新3部作の1作目『フォースの覚醒』で製作・監督・脚本を任せられるという今やハリウッドにその名ありとなりました!

前回の記事にちょっとだけ書きましたが、
「スター・ウォーズ」の生みの親であるジョージ・ルーカス監督の作品には、限界を感じていました。
物語があまりに壮大すぎて、ストーリーを追うことに必死となり、登場人物の描写に時間がかけられず、その結果、感情移入を誰に、いつ、どの場面でしたらよいのか!?中途半端になってしまい、心が震えるような感動が得られないと・・。
私の中では、そんな微妙な作品になってしまっていたのです。

さあ、そして・・・、

J・J・エイブラムス’STAR WARSです!

いきなりのオープニングテーマ! あのJohn  Williamsのテーマです!
一気にスター・ウォーズの世界にワープした感じ!

面白かったです! とっても!

そして、『スター・ウォーズ エピソード8』(2017年公開予定:監督J・J・エイブラムス)が、今からすごく楽しみになりました!

これ、最高の褒め言葉ととらえて頂いて構いません。

ネタバレなしですが、

もうキャストは発表されているのでいいですよね(^^ゞ

ハン・ソロ(ハリソン・フォード)がスクリーンに登場したとき、“ああ、ハン・ソロが帰ってきた~!!”と。
もちろん、チューバッカもね(;^ω^) 本当に嬉しくなりました!

そして、思わず、というか、思いもよらず感動してしまったのが、
レイア姫(キャリー・フィッシャー)が現れた時です。

“うわ、姫だ!!”っと思い、やっぱり歳取ったなぁ~と・・、ひときわ感慨深く、本当に懐かしく思いました。

昔はよく遊んでもらっていたのに、その後自分が大きくなって以来、音沙汰がなくなっていた大好きだった叔母さんと数十年ぶりに再会した感じ!?
なんかこう・・、言葉には言い表せないのですが・・、ホントに嬉しくて、懐かしくて、心にぐッときてしまいました!
※実際、『ジェダイの帰還』の1983年以来の再会なんですから、許してください(;^ω^)

それだけでも、今日は観て良かったと思いました。

でも、やっぱりハン・ソロが出ると締まりますね!スター・ウォーズは。
ハリソン・フォードも自身の出世作を楽しんでいる感じがヒシヒシと伝わってきました。それを観てこちらも嬉しくなってきて・・、
たまらんです!

ハン・ソロ最高~!!

SnapCrab_NoName_2015-12-21_35o-00

さて、
まだ、『フォースの覚醒』を観に行っていない方で、過去スター・ウォーズを観ている方は、「フォース」のおさらい、特に人間の内なる「」との攻防、この二つの概念=「ライトサイド」と「ダークサイド」のおさらいをしていくと、より楽しめると思います。

そして、スター・ウォーズをまだ観たことのない方は、とにかく、観てみてください!
そして、興味が湧いたら、過去6作、時間がなければ、まずは、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』~『エピソード6/ジェダイの帰還』を観れば、今作での疑問や謎に対する答えが見つかると思います!
良かったら、こちらを参考にしていただいても構いません(^^ゞ
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 鑑賞前のシリーズおさらい&感想!

では、今日は、取り急ぎ”なんへん”だけ掲載します。

過去全6作の”なんへん”平均指数は、59.5

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 なんへん:65

過去スター・ウォーズ最高”なんへん”指数です。(*^-^*)

※さすが、ドラマメーカー  J・J・エイブラムスですね( `ー´)ノ
ダイナミックなストーリー展開にユーモア、そして友情・家族愛などが盛りだくさんで、かつてないスター・ウォーズの世界を作り出したと思います。ただ、少しだけ盛り込みすぎな感もありましたが・・、それはスター・ウォーズの宿命ということで!

あと一つ追加しておきます。『フォースの覚醒』の主人公となる二人 デイジー・リドリー(レイ役)とジョン・ボイエガ(フィン役)は、見事にハマッてました!
先日、”特に、予告で登場する女性レイ役のデイジー・リドリーは、いい雰囲気を持っているな~と、今から楽しみです!”と、感想を書いていましたが、予想以上でしたよ!( `ー´)ノ

正直に言えば、彼女の活躍が見たいがために『スター・ウォーズ エピソード8』が今からすごく楽しみなんです!

以上
Mr.なんへんでした。

今後、ちょいちょい加筆していく予定です。(^O^)

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です