「ソフトバンクで孫社長に学んだ 夢を「10倍速」で実現する方法」感想!

softbank10

仕事帰り、会社近くのあまり目立たない本屋さんに立ち寄ってみました。
‘目立たない’とは言いましたが、なんだかんだ言って
その本屋さんには週三ペースで行ってるので、
有難い存在なんですけどね・・。

そこで、目についたのが、長ったらしいタイトル

ソフトバンクで孫社長に学んだ夢を「10倍速」で実現する方法」でした。

“ああ、孫さんの本ね”と思い、一度は通り過ぎたのですが、
その周りの書籍が山積みの中、そこだけ残り一冊!!
うん!?、
ちょっと気になって、思わず手に取ってみました。

これはいわゆるビジネス本とか、自己啓発本になるのかな、
なんて思いながら、ペラペラとページをめくっていくと・・・。

大抵のビジネス本系は“はじめに”から始まります。
この“はじめに”を読む前のドキドキ感、期待、 それから失望!?
わずか数ページの中で繰り広げられる葛藤、これが、好きなんです。

当然、いつも期待して本を手に取るわけですが、
ソフトバンクで孫社長に学んだ夢を「10倍速」で実現する方法」に関しては
大して期待もすることなく手に取ってみました。

なんか、タイトルが安っぽいというか、嘘くさいというか、
特に、この“夢を「10倍速」で実現する方法”という部分がね。
いただけないなぁと、思いながら、ぺらぺら・・・、

しかし、“はじめに”から初めて数ページ、
ページをめくる手が止まりません!( ;∀;)

作者は、二十代半ばから三十代にかけて孫正義さんと四六時中ずっと一緒にいたという人物三木雄信さん
彼は、あの孫正義氏と、朝も夜もなく、時には休日もなく
一緒に働いていたという経歴の持ち主です。
(当時、この三木さんは社長室長だった)

いつもは必ずチェックする目次もすっ飛ばして
第1章の“10倍速で夢を実現するための「3大基本戦略」”のページを
めくって真剣に読んでしまいました。
んんん、
うんんんん、

おお、いかんいかん、今日はただの立ち読みの予定。
購入する予定もないし、金もない、
と思って、一旦は平台に戻したものの、
どうにも気になって仕方がない。

考えること3分。ちぇっ、仕方あるまい!!
などと、独りごちながら、結局、購入してしまいました。
ちなみに、1,300円(税別)です。

夢を「10倍速」で実現する方法

by amazon

~~~、
~~~~~。

それから5日後、読破(読むスピードが遅いのが悩み)。

面白かったです!すごく。

この手の、いわゆる“自己啓発本”
これまでそれほど手に取ってきたわけではありません。
いや、ほとんど立ち読みで終わり。
購入まで至りませんでした。

きっと、これも孫正義社長が書いた本なら
読まなかったかもしれません。

多分!!

この本に関していえば、彼の側近が書いた!というのがよかったのだと思います。

あの孫さんと、四六時中一緒にいるって、いったいどんな感じなんだろう!?
初めは、そんな興味からのスタートです。
どんな無茶を言いつけられるのか!?
それとも、手取り足取り指導してくれるのだろうか?

だって、孫正義氏がやってきた事って、ホントに凄いですよ!
凄いことの中でも、著者である当時ソフトバンク「社長室長」であった三木雄信さんが、
関わってきたことを挙げても、そのすべてがBIGプロジェクトです。

・マイクロソフトとのジョイントベンチャー「カーポイント」立ち上げ
・「ナスダック・ジャパン」開設
・日本債権信用銀行(現・あおぞら銀行)買収
・ADSL事業「Yahoo!BB」立ち上げ
などなど

こんなプロジェクトを30代で任されたら、そのプレッシャーに押しつぶされてペチャンコになりそうです。

しかしこれが、孫社長の視線・視点から語られたものなら・・・、
きっと、大して面白くなかったんだと思います。
ああいう天才肌の経営者の考えをいくら聞いたところで理解できないに決まっています!!(多分(-_-;))
ましてや、この手の本で大事な“共感する”なんてことも難しかったと思います(多分(-_-;))

ミスタープロ野球、長嶋茂雄氏の指導のように、
“球がこう来たらサっと構えて、グッと腰入れて、ビシッと打て!!”
みたいな・・ね。いや、単なるイメージですけど。でももしそんな感じで教えられたとしたら、目が点になるだけでしょう^^

それと同じような気がするのです。
しかし、そんな困難を乗り越え、
彼(三木さん)が孫さんの伝道師として、
見てきたこと、感じたこと、教えられたことを
人に伝えられる・教えられるノウハウとしてまとめ上げてくれたのが、本書です。

その戦略は、まったく無駄がなく
本のタイトル通り、「「10倍速」で実現する方法」が記されています。

孫さんは言うまでもなく凄いのでしょうが、
この三木さんも凄い方なんだと思います。

ひとつ面白い(当人にとっては、地獄の)エピソードをご紹介します。

孫社長が突然こう指示を出します。
「10月12日にナスダック・ジャパンの設立総会をやるぞ!ベンチャー企業家を2000人集めて、テレビカメラも入れて大々的に報道させろ!」

こう指示をされたのが、なんと、10月に入ってからだというのです。
期日まで2週間もないのです。

いやいやいや、普通なら、逆切れして
そんなムリですよ!、と言い返したいところを
孫社長の指示に対して“できません”とは口が裂けても言えません。と言い、
彼は、ある方法で無事乗り切ったのですね!!

こんなエピソードが随所に現れ、単なる自己啓発本などとあなどるなかれ
ちょっとしたエンタテイメントになってもいるのです。

もう一つだけ (‘ω’)

なぜソフトバンクはiPhoneを獲得できたのか?

当時のソフトバンクは、NTTドコモ、auの2社に大きく引き離されての業界3位。普通なら、圧倒的に不利な立場であるはず。

では、なぜ?

スティーブ・ジョブスは、日本No.1のドコモと組まずに、ソフトバンクと組んだのでしょう?
孫社長が個人的にスティーブ・ジョブスと親しかったから。
そんなわけないですよね。

そこにも、ちゃんとした戦略が隠されていたのです。

面白い!
なんとなく、その面白さ、伝わってきましたでしょうか?

普通の自己啓発本とは違って、読み物としても楽しめ、
さらに、日々の実務にも役立つ本です。

おススメです (^^)v

本「ソフトバンクで孫社長に学んだ夢を「10倍速」で実現する方法」なんへん:62

以上
Mr.なんへん

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です