猫好き必見 「にゃんことわざ」単行本紹介

cat2015102701

どうやら世間は、猫ブームらしい。

最近のテレビCMやネット動画での露出の多さで、うすうす感づいてはいましたが、
ネット検索してみたら
すでに2~3年前から猫ブーム到来と騒がれ始めていたようで・・・、
お恥ずかしい話、今更こんな記事を書いております。

昨日(10/26)のYahoo!ニュース

猫が犬を逆転か?ペット数見通し 散歩不要など背景に

—————–
これまでペットの人気を二分してきた犬と猫。長く犬のリードが続いていたが、猫が逆転する日が近々やってきそうだ。
小型犬ブームが落ち着き、散歩やしつけの手間から犬を飼う人が減る一方で猫を家庭に迎える人が増えている
ペットフードメーカーの業界団体「一般社団法人ペットフード協会」の調査では、犬は1035万匹、猫は996万匹だった。
過去5年で見ると、犬は12・8%減少する一方、猫は3・6%増えている。
飼育世帯数では犬が上回るが、このペースだと今年の調査で猫の数が初めて犬を抜く計算だ。
(朝日新聞デジタルより)
—————–
確かに、実家の隣家は既に猫屋敷と化しているし、つれ合いの実家では今年に入って猫を飼い始めました。
身近に猫が増えてきているのは間違いありません。

そして今後、犬よりも猫が増えていくのは間違いないのではないかと思います。

先ほどのニュースでもありましたが、「散歩やしつけの手間から犬を飼う人が減」っていると。

当然、高齢化社会となりお年寄りが増えていけば、散歩は大きな負担となるでしょうし、
散歩の必要がない猫は単身者でも飼いやすいからです。
ましてや単身の高齢者であれば、犬と比較すると猫は飼いやすいのかもしれません。

そうはいっても、犬も猫も、こちらが愛情を注げば無条件に愛情を表現してくれるという点では同じですよね。
地位も名誉も年収も容姿も性格も関係なくです。
周りにそんな人間いますでしょうか? (;^ω^)

だから、犬も猫も違いはあれど、人間以上の大切な友達、大切な家族となるのでしょう。

えっと、猫に戻ります。

猫が増えている要因には、もう一つあるような気がします。

一言で言うと、“自由へのあこがれ”です。

猫は自由でいいなぁ~、という言葉をよく聞きます。同意です!

犬と違って群れる習性(本能)がないというのも、自由気ままな感じ。
※犬には主従関係がありますから。

格差社会、ストレス社会、この世はいろいろ疲れます (*´Д`)

まあ、猫は猫でいろいろ大変かと思いますが、なんかうらやましいと思います。
隣の芝生なんでしょうけどね。

地べたで股をおっぴろげてぺろぺろ舐めていたり、かと思うと、ちょっと離れたところでおすましして座っていたり、
ダンボール箱や紙袋の中に頭を突っ込んできたり、で、思いがけない時に甘えてきたりして、
ホントに隅に置けないというか、あなどれないというか、抜け目がない生き物ですよね。

と、人間が勝手に思っているだけなんですけど・・(;^ω^)。。。

さて、昨日本屋さんに寄ったら、こんな本が出ていました。
——————————-

『にゃんことわざ』

出版社: 一迅社 (2015/10/22)
小森 正孝 (著)
——————————-
内容
「猫」のことわざ、熟語、慣用句を、かわいい猫たちの写真とともにご紹介♪
「猫の手も借りたい」「猫に小判」など有名なものから、海外の猫に関する言葉まで!
猫と学ぶ! 猫のことわざ・熟語・慣用句写真集。
猫好き必見の一冊

この本のよいところは、
紹介されている「猫」のことわざ、熟語、慣用句と、隣のページにある写真が、そのことわざの内容とマッチしているところ。
ことわざにあった猫の写真が用意されて、ことわざの意味がその写真からなんとなく想像できる、類推できるのが面白いのです。
とっても癒されます。

この手の走りとなった
『人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法』よりももっと身近に猫を感じることができます。それは、猫とは直接関係ない、”偉人の名言”とかではなく、猫の文字が入った「ことわざ」だけだから。

これを読むと(眺めると)、とにかく昔から猫と共に暮らしていた日本人(人間)は、その習性、行動の不思議さや魅力をことわざとしてたくさん残してきたのだなぁと思います。

えっ、それもことわざなの?と思うものなど、いろいろあります。
こんなにたくさんあるなんて、本当に猫は人に愛されてきたんだなぁと改めて思います。
※もちろん犬のことわざもいっぱいありますけど。
ただし、猫にとっては不本意な意味合いのものが多い気がしますが(”^ω^)
それはご愛敬ということで・・・(;^ω^)

ねずみとらぬ猫(ねずみとらぬねこ)= 役に立たない ★そのまんま(笑)
猫の手も借りたい = 誰でもいいから手伝ってほしい! ★藁をつかむ前にダメもとで猫に頼んでみるか?(;∀;)
借りてきた猫 = いつもと違っておとなしくする ★偉い人の前では途端におとなしくなる上司(´・ω・)
引っかかないほど小さな猫はいない(フランス)= 一寸の虫にも五分の魂。小さく弱い者にも、相当の意地や根性があるのだから、どんな相手でも侮ってはならない。★その通り( `ー´)ノ

猫好きな方もそうでない方も、まずは一度、本屋さんで手に取って見てください。

眺めている間の数分は、心休まること請け合いです!

では、”なんへん”です。

単行本 「にゃんことわざ」なんへん:58

にゃんことわざ
by amazon

※ちなみに、『人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法』の”なんへん”は、55です。
写真の質がぜったい「にゃんことわざ」の方がイイ!と思います。

ついでに、こちらもなごみます(*^-^*)
※野良猫とは思えないゴロゴロと 無防備な猫ちゃんたちの世界。 ただ野良猫が寝ているだけの写真なんでけどね(^^ゞ

SnapCrab_NoName_2015-12-14_29o-00

以上
Mr.なんへんでした

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です