秋ドラマ 2015 「無痛 ~診える眼~」なんへん

SnapCrab_NoName_2015-10-2_10o-00

以前から読んでみたいと思っていた小説「無痛」

それが、ドラマとなって放送されることになりました。
楽しみであると同時に、やっぱり本で読みたいような…、複雑な気持ちです。

こういうケース、最近よくあるような気がして、
特に、WOWOWがベストセラー小説を次々とドラマ化し始めてから。
“あれ、あの作品、もうドラマになっちゃうんだ!”
デジャブのようにそんな独り言を繰り返しております((+_+))

秋ドラマ第3弾
10月7日(水)夜10:00スタート/フジテレビ/原作小説あり
————————————-
「無痛」~診える眼~
キャスト:西島秀俊、伊藤淳史、石橋杏奈、伊藤英明
脚本:大久保ともみ(アンフェアthe special~ダブル・ミーニング 二重定義~、ギルティ 悪魔と契約した女)
原作:久坂部 羊
————————————-
■あらすじ■
主人公の為頼英介は、外見だけで人の健康状態や病気の進行状況を読み取ることができる特殊能力を持つ町医者。
特殊能力=「神の診察眼」をもちながら、患者の予後までを見通せるがゆえに、医療の限界に苦悩している。
また彼の能力は、病気を見抜けるだけでなく、犯罪者に現れる「犯因症」(エネルギー過多の一種で、犯罪を起こす者に現れる徴候)までを見通し、ある事件を未然に防ぐ。その事件をきっかけに、刑事の早瀬順一郎から頼られるようになり、気乗りしないながらも、頼まれると断り切れない元来の優しさから、事件解決を手伝うことになる…。
この特殊能力を使って警察に協力していくという、医者版探偵物語でもある。
今回のドラマ化にあたっては、オリジナルのストーリーで1話完結の事件解決物語を描きつつ、さらに、1話完結のストーリーとは別に、一つの凄惨な事件の謎を探っていく。

この手法は、よくあるパターンですね。
1話完結のストーリーとは別に、全話を通じての謎解きがあるという・・・。

“とある場所で起こった一家惨殺事件の犯人として、ある少女が名乗り出る。その少女は、幼少期からひどい虐待を受け、重度の鬱と強迫神経症の疑いがあるため、児童養護施設に保護されている。その少女のカウンセリングを担当するのが、高島菜見子
臨床心理士。学生時代、為頼と面識を持っていて…、この事件が最後どのようにして解決されるのか?

さらに、為頼とは対照的な、ライバルが登場する。
為頼と同じように外見だけで人の健康状態や病気を見抜く「神の診察眼」を持っており、予後不良の患者をすぐさま転院させ自分の病院の治癒率を向上させることで、“医療界の革命児”へと成り上がった医師・白神陽児。この白神がどうこのドラマに絡んでくるのか?

一つの事件を大きな軸としながら、主人公の特殊能力を使って毎回様々な事件を解決していく中で、ライバルや、臨床心理士がどのような関係性をもって登場してくるのか?
“????”ばかりの結構複雑なドラマになりそうです。
さらに、
実は、このドラマ(原作)には、もう一つ重要なテーマがあります。
それは、“責任能力の有無によって心神喪失者・心神耗弱者の罪を、罰しない、あるいは軽減することを定めた刑法39条の是非をも問う”というところ。
———
犯罪を犯したときに心神喪失状態だったので、
“無罪”!っていうのが、なんだか一番腹が立つのですが、
それをこのドラマがどうとらえていくのか、ここは大変興味深いところです。
———

なんかもう盛りだくさんな内容となっていますね。
この“あらすじ”書いているだけでも疲れますが、
その複雑な感じがゆえに、かなり期待値上がってきています!!

役者さんをみると、
これまた、濃い方々が揃いました。
主人公 為頼英介に、西島秀俊さん。
腹式呼吸で声を発しているかのような一つ一つのセリフが重たい感じ。このドラマのシリアスな雰囲気にピッタリかと思います。
最近では、「ストロベリーナイト」「MOZU」「流星ワゴン」と、結構観ていますが、ややもすると息苦しい感じになってくるので、少し肩の力を抜いても十分その目力は伝わってきます。もちろん期待大です!

そして、刑事の早瀬順一郎には、伊藤淳史さん。
チビノリダーですね。あれ、そういえば、「チーム・バチスタ」や「MOZU」で、この二人共演してました。
どうりで違和感ないわ(;^ω^)
でもこの二人、セリフの話し方になんか共通点ないですかね?
呼吸の仕方というか、一言一言はっきり発音するというか。
いつも頼りなげな役が多いですが、今回は刑事ですからね…。
いやいや、やっぱり今回も頼りない感じが出ちゃうんでしょうね~。
それが彼の個性ですからね。
何だかんだ言っても、安心してみていられます。

そして、高島菜見子役に、石橋杏奈さん。
ちょっと気の強そうな女子って感じですよね。『LIFE!〜人生に捧げるコント〜(NHK)でコントやってます。
すでに多くのドラマに出演されていますが、脇役でも何気に存在感ある女優さんだなぁって思います。
やっぱり目力なんですかね!?

で、最後に白神陽児役の伊藤英明さん。
いやいや、西島秀俊に伊藤英明ですかぁ~( ;∀;)
大丈夫ですかね!? 濃すぎるというか、熱いというか、重たいというか、
じゃないですかね!?(実は、伊藤淳史も)
でも、好きな女性にはたまらないのでしょう(;^ω^)

では、ドラマ「無痛 ~診える眼~」 」のなんへんです。

無痛= なんへん:60 (期待値)

 

※(第一話を観た後に上がる↑場合も下がる↓場合もあります)
(これは、いろんな意味で難しいドラマになりそうな予感。なぜかというと、ドラマのテーマ自体が重たいのに、役者さんがそれ以上に重たい(失礼)、目力ある役者さんばかりな感じなので。
その演技次第では、観続けるのがつらくなる=疲れてくる可能性十分ありかなと…。
うまくそこは演出で抑えてほしいと思います。
でも、原作と設定には大いに期待しておりますので、高なんへんです。)

以上
Mr.なんへん

→なんへん.com

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です