『HOPE~期待ゼロの新入社員~』感想!主演中島裕翔頑張る!! ジャニーズ役者は大変だ!?

SnapCrab_NoName_2016-7-22_6o-00

大げさなタイトルですいません m(__)m

2016夏ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』の感想の前に。

アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔さん主演の連続ドラマ「HOPE~期待ゼロの新入社員~」(フジテレビ系)の初回平均視聴率は6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、TBS系日曜劇場「仰げば尊し」は11.4%と、フジテレビとTBSの日曜午後9時“ドラマ対決”第1ラウンドは、「仰げば尊し」に軍配が上がった。(Yahoo!ニュースより)

というニュースを見た後、それにリンクする形でこんなニュースが↓

この惨状(「仰げば尊し」にダブルスコア近い数字で離されたこと・・)の原因として真っ先に挙げられたのが主演を務める中島のスキャンダルだと。
今年4月に女優・吉田羊さんとの20歳差熱愛が報じられて、それでファンがドン引き!それから泥酔いして警察沙汰になる騒動を起こしたことで致命的なイメージダウンとなったとか・・。

これが、視聴率惨敗の原因だと・・!?

ホントか!?

これで中島裕翔さんのファンが離れて『HOPE~期待ゼロの新入社員~』の視聴率が6.5%になったという!?

どんだけ彼のファンが視聴率を持っているというのか!?(^_^;) んなわけないでしょ。。( ´_ゝ`)
なんか・・、悪意のあるニュースだなって思いました。

~~~~~~

まあしかし、スキャンダルによるイメージダウンの結果かどうかは分かりませんが、やっぱりアイドルは大変です!?(;’∀’)

ほぼ間違いなく、色メガネで見られます。
※色メガネで見る ⇒ かたよった物(人)の見方。先入観(偏見)にとらわれた物(人)の見方

現に私もライブで見たのは『仰げば尊し』でした。『HOPE~期待ゼロの新入社員~』は録画視聴です!!

裏番組の『仰げば尊し』の主演が寺尾聡さん(69歳)。22歳の中島裕翔さんが真正面からぶつかるには相手が悪すぎる(;^ω^)。

多分、ジャニーズ主演ドラマだからと言って、録画もせずに敬遠された方も結構いると思います(;´∀`)

色メガネで見られてしまうからです。

20代前半のイケメンをドラマで見れば、“ああ、彼はジャニーズか!?”とか、
ちょっとぎこちない演技を見せれば、“どうせジャニーズでしょ!?”とか、
言われているような気がします。(正直、自分も言っちゃう時があります(;^ω^)

でも、実際は、ジャニーズでもなんでもなくて、モデル出身だったり、仮面ライダー出身だったり、2世俳優だったり・・、そのスタートは(所属も)人それぞれ。
たまたま受かった(スカウトされた)のがジャニーズ事務所だったというだけで。
(ノ´∀`*)

もともと舞台俳優を目指していたとかいうのなら話は別ですが・・、皆何かのオーディションで受かってモデルやアイドルや歌手になって、たまたま役者という仕事がめぐってきた。というのが今の多くの若手俳優さん達ではないのかなって。

当たり前ですが、”ジャニーズ(アイドル)だから”といっての評価は偏見ですよね。

ここ最近(かなり前からか!?)子役はみんな上手いなぁ~、って思うのですが、別に舞台で演技の稽古を必死でやっているわけではありません。演技って、かなりその人のセンス(勘)がものをいう部分が大きいと思います。

“センス””感性”に、ジャニーズもモデルも舞台役者も関係ない。
センスがある人、ジャニーズの方多いと思います(なんとなく)。

でも!?、ただし!、もちろんそれ(センス)だけじゃない!
センスがありゃいいってもんじゃない。
(# ̄З ̄)

役者さんというのは、「別の誰かになる」ということですから、別人を演じるためのアプローチにいかに時間をかけることが出来るか、集中できるか、考えられるか! その役柄の生い立ちや生き様をとらえて役に成り切れるか。
そこはセンスだけではどうにもならない。

毎日ハードなスケジュールに追われながらアイドルをこなしつつ役者もやるには、結局自分の”素”を見せて自然にふるまうしかないかと・・(←そこはセンス)。自分自身の個性(素)を出すことに重きを置く演技。

もしかしたら、そこに限界があるのかな、っとは思います。

話がかなり脱線してしまいました。

で、『HOPE~期待ゼロの新入社員~』です(  ̄▽ ̄)

原作:「ミセン‐未生‐」
脚本:徳永友一(探偵の探偵、スペシャリスト)
演出:河野圭太(古畑任三郎、フリーター、家を買う。)
演出:城宝秀則(フラジャイル、リスクの神様)
主題歌:コメット/スピッツ

SnapCrab_NoName_2016-7-22_20o-00

ドラマ概要

2014年に韓国のケーブルテレビ局で放送され、社会現象を巻き起こした連続ドラマ「ミセン‐未生‐」が原作のヒューマンドラマ。舞台を日本に置き換え、ひたむきに働く主人公たちの姿を、イジメやセクハラ、社内不正、非正規雇用といった問題と共に描く。

囲碁のプロ棋士という夢に破れ、訳あって総合商社で働くことになる、学歴も社会人経験もない主人公の一ノ瀬歩を、ゴールデンタイム放送の連続ドラマ単独初主演となるHey! Say! JUMPの中島裕翔が務める。共演は遠藤憲一、瀬戸康史、山本美月、桐山照史、山内圭哉ら。Yahoo!ドラマより

なるほど原作は韓国ドラマなんですね!

そうなると、ストーリー的にはかなりアップテンポで(いろんな事件が次々と起こるという感じ(^_^;))、分かりやすいのかなと。そして、嫉妬や挫折、友情や信頼、裏切りなどが繰り広げられる予感。

SnapCrab_NoName_2016-7-22_21o-00

主演の「Hey!Say!JUMP」中島裕翔さん(22歳)。

ジャニーズ俳優と言ったら、「SMAP」の木村拓哉さん(43歳)、草彅剛さん(42歳)。「TOKIO」長瀬智也さん(37歳)。「V6」から岡田准一さん(35歳)。「嵐」では松本潤さん(32歳)、大野智さん(35歳)、二宮和也さん(33歳)。他では、生田斗真さん(31歳)とか。思いつくまま。。

そんな先輩たちをさておき、そして同年代のライバルを蹴落とし、単独主演を勝ち取った中島裕翔さん。これまで私が見たのは、『半沢直樹』で銀行員役。それから『デート〜恋とはどんなものかしら〜』の2本。

初めにも書きましたが、“ああ、彼はジャニーズか!?”と、思いました。『半沢直樹』の時です。

でも、脇役ながらなんか気になる存在感出していました。“無理やりジャニーズ入れました”感がなかった。言われなければ気にならなかったということです。

で、1話を見て、普通にドラマ(彼の役柄)に感情移入ができて、脇を固める芸達者な方々に助けられながらも主演を堂々と演じていたと思います。

【脇を固める芸達者な方々】

・熱血営業マンの役がハマりすぎる遠藤憲一さん(55歳)
・前クールの『私結婚できないんじゃなくて、 しないんです』で就職しない気軽な生き方を選ぶ若者を演じた瀬戸康史さん(28歳)が今度はガッチガチのエリート街道まっしぐらな青年になっていたのには笑っちゃった。
・もう一人のジャニーズ役者ジャニーズWESTの桐山照史さん(26歳)、って知りませんでしたが・・
(”^ω^)、朝ドラ『あさが来た』に出演していたと・・!?
いや、もう普通にどこにでもいますね。ジャニーズ役者さんは(‘◇’)ゞ
・紅一点の山本美月さん(25歳)は、正直私の苦手な女優さんです。セリフを一生懸命読んでいる感じ。ちょっとね(。>д<)

・そして、山内圭哉さん(44歳)。遠藤憲一さんの部下役、サイコーでした!『民王』とは別人。ザ・サラリーマンって感じ!セリフも表情も見ていて楽しかった。
でも、こんなに素晴らしい役者さんでも、なかなか”主演”って難しいですね。やっぱり華がなくちゃダメなんかな・・、役者の世界、大変だ・・。

ドラマとしては・・・、
「与一物産」という総合商社が舞台。周りは東大卒とかそんな場所で、いくら強力なコネがあるとはいえ、高卒でいきなりインターンって、あり得ない無茶苦茶な設定。
これがもしフジのオリジナル脚本なら、残念ながらまったく期待しないけれど・・、(”^ω^)
韓国で社会現象を巻き起こした「ミセン‐未生‐」というドラマが原作なら、見続けようと思います!

misen
※韓国ドラマ歴代視聴率No.2! 名立たるドラマ賞を総なめ!
すべての世代の共感を呼び、社会現象を生んだ感動のヒューマンドラマ! “きっとここにあなたがいる! ” by Amazon

って書くと、嫌韓の人はいや~な顔するんでしょうけど(-_-;)、
面白いドラマならそんなの関係ないです!
(政治とドラマは別物ってことで(  ̄▽ ̄)

この先、日曜夜9時。録画視聴になるのは、どっちだ!?( `ー´)ノ

では、なんへんです。

夏ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』第1話 なんへん:55

『仰げば尊し』同様、ヒューマンドラマ&サクセスストーリー対決ですね!
春ドラマでは、ラブコメで楽しませていただきましたが、夏ドラマはこれか!?

以上

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です