2015秋ドラマ『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』感想!イケメンじゃなくてOK

SnapCrab_NoName_2015-11-7_21o-00

「男はつらいよ」シリーズと並び称された国民的映画『釣りバカ日誌』が、テレビ東京系で連続ドラマとして復活しました!

すでに第3話まで放送されていて今更ですが、その感想を(;^ω^)

いや、正直に言うと、映画『釣りバカ日誌』は4~5本しか観ていなくて(しかもテレビ放送で)、漫画もたまに定食屋さんに置いてあればパラパラめくってみるとか・・、そんな(登場人物は知ってるよ)程度なんです。
そして、大して映画観てないけれど、大体ストーリーのパターン分かっているから別にドラマは見なくてもいいよね!っていう感じで・・・、まぁ、特に見る気はなかったと・・(;´∀`)

なんて思っていたら、たまたまその時間に「テレ東金曜夜8時」チャンネルが合っていたんですね。テレ東に。

ああ、これかぁ・・、と思いました。
そういえば、“釣りバカ”がドラマになるってどっかに書いてあったなぁと。

そしたら、濱田岳が出ているじゃありませんか。

そういえば、“濱田岳”が主人公ハマちゃんこと浜崎伝助を演じるとどこかに書いてあったな…!

ハマちゃんと言えば、= 西田敏行さんですよね。映画はそんなに観ていなくても、22年続いた映画です。街角のポスターや番宣等でそれくらいは沁みこんでいます。濱田岳で大丈夫なのか?って初めは思いました。

場面が変わり、その西田敏行さんが画面に現れて・・・、理解しました。

あっ!そっか、そういえば、“西田敏行”が、スーさんこと鈴木一之助を演じると書いてあったなと。

スーさんと言えば、= これもすぐに思い浮かぶのは、三國連太郎さんです。

そうです!『釣りバカ日誌』といえば、西田敏行さんと三國連太郎さコンビなんです。かなりのファンであった友人もそんなことを言ってました(;^ω^)

が、幸いにも私にはそれほどの思い入れはありません

で、しばらくチャンネルはそのまま!見ていました。

…見ていました。
引き込まれていきました!
ストーリーに、というより、ハマちゃんとスーさんの軽妙なやり取りに。

これが、すごく気持ちがいい!小気味好い!

二人のやり取りが自然で、このコンビ初めっから息ピッタリだなと!!
久しぶりに見たほのぼのとした楽しいドラマ。
—————

一応、物語の始まりを簡単に↓

・2020年の東京オリンピックにわく大手ゼネコン『鈴木建設』に入社した浜崎伝助は、子供の頃から“釣り”が大好きな自他共に認める釣りバカ。そんな伝助がひょんなことから知り合ったスーさんという初老の男性を釣りに誘う。しかしこのスーさんは伝助が勤める中堅ゼネコン会社『鈴木建設』の社長・鈴木一之助だった。そんなこととは露知らず、釣りでは弟子と師匠と呼び合う仲に。ここから、会社では新入社員と社長、釣りでは、師匠と弟子という奇妙な関係が出来上がり、二人の奇妙な友情を中心に、まわりで起こる珍騒動を描いていく。
—————
今では珍しい“ヒューマンドタバタ喜劇”なのです。

映画と違うのは・・、舞台は2015年。映画でのハマちゃんはすでに中年サラリーマンという設定(当時西田敏行の年齢は41歳だった)でしたが、濱田岳=ハマちゃんは”新入社員”という設定です。
若き日のハマちゃんを描いていくわけですね。

原作のお二人は(著:やまさき十三氏、作画:北見けんいち氏)

やまざき氏「新しい『釣りバカ』が、笑いの薄くなった茶の間にみんなで楽しめるドラマをお届け出来れば幸いです」とコメント。作画の北見氏も「三國連太郎先生が亡くなり、『釣りバカ」の映像化はないと思っていましたが…。今回のテレビドラマ化!! 感謝でアリマス」と喜んでいるようです。

いやホントに、こういったヒューマンドラマって本当に少なくなったなぁって・・。
刑事が出ない警察署も映らない戦いがないドロドロした争いもない医者も出ない病院も映らないタイムスリップもしない、それから・・・、イケメンが出ないドラマ!!

今ホントにないですよね~( `ー´)ノ
NHKだってないんじゃないですか!?

『釣りバカ』の西田敏行さんを見ていたら、思わず、昔の名作『池中玄太80キロ』を思い出してしまいました。あのドラマもホームドラマの傑作でしたが、今考えると、西田敏行さんが主役を張るということ自体、昔のドラマの位置づけが分かるというか、昔は、イケメン(二枚目と言ってました)じゃなくても、そのドラマの主人公にふさわしいのは誰か?、どんな役者さんが適役なのか!?、そこが重視されていたような気がするんです(‘◇’)ゞ

いやむしろイケメンではダメだ(ようするに大根役者ということ)という風潮もあったかもしれません。。

あの刑事ドラマの金字塔!『太陽にほえろ』には、当時無名の松田優作さんがジーパン刑事として抜擢されていますが、決してイケメンとはいえない彼を、もし現代であれば使っていたかどうか・・?
あと、『3年B組金八先生』の武田鉄矢さんとかね(;’∀’)。

話を『釣りバカ』に戻します(;^ω^)
主役は、濱田岳さん。現在27歳とまだ若いですが芸歴は長く、その演技力には定評があります。今回も元祖ハマちゃんの前で堂々とした演技を披露していますし、また西田さんとは違ってなんとなくいじりたくなる愛されキャラはまさに「浜崎伝助」にピッタリな気がします。

こうした配役を決定したテレビ東京が好きです!
これ、もし他局だったら、関ジャニとか(”^ω^)・・ね、選びそうでしょ(汗)
冗談じゃなくね (-_-;)

さて、他のキャストもみてみましょう。
ハマちゃんの行きつけの定食屋「かづさ屋」の看板娘・小林みち子役で広瀬アリスさん(今後、ハマちゃんと結ばれる話も描かれるのでしょうかね( ^^) _合体もね!?)
「かづさ屋」の店主・小林平太役できたろうさん。その一人娘役・小林薫役で田辺桃子さん
「鈴木建設」でハマちゃんの上司・佐々木課長役で吹越満さん
「鈴木建設」常務の鈴木昌之役を駿河太郎さん
「鈴木建設」営業三課の新入社員・魚住伸太郎役で葉山奨之(脇役のイケメンは許す(笑)
伝助の母・浜崎とし子役で榊原郁恵さん、スーさんの妻・鈴木久江役で市毛良枝さん

SnapCrab_NoName_2015-11-7_46o-00

なかなか周りを固めるキャストも渋くて良いですね!

2015秋ドラマとしては、少し遅れてきた感がありますが、これは強力な伏兵(予期しないときに現れ、たちはだかる)ですよ! 来週から「テレ東金曜夜8時」を楽しみに待ちたいと思います!

では、『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』のなんへんです。

秋ドラマ 『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』なんへん:58

※別にイケメンが嫌いなわけじゃないですよ(;^ω^) でも、何でもかんでもきれいな顔の役者さんを選んでりゃいいってもんじゃないでしょ!って、言いたいのです! 今後の展開で”なんへん”はさらにUPする予感!

以上
Mr.なんへんでした。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です